ISACA東京支部は、情報システム監査、情報セキュリティ、リスク管理、ITガバナンスの国際的専門団体です。

ISACA東京支部
HOME
ISACAの活動
支部活動
委員会活動
調査研究活動
普及活動
ISACAの資格
CISA
CISM
CGEIT
CRISC

入会案内等

東京支部会員限定

CISA

CISM

CGEIT

CRISC

ITGI-J

COBIT 5

  調査研究活動

調査研究委員会
■新着情報
   
07/2017 2017/7/8に第三回ISACA東京支部調査研究委員会セミナーを秋葉原4F UDX GALLERY NEXT1(UDXギャラリーネクスト1)にて開催しました。
02/2017 2017/02/03 新研究会として、「AI研究会」が立ち上がり、初回の会合を行いました
11/2016 2016/11/16 「ISACA Journalを読む会」と「プロジェクトマネジメント研究会」の合同研究会を実施しました
09/2016 2016/9/12に調査研究委員会を開催しました。新研究会として、「システム監査・保証研究会」が立ち上がりました
08/2016 2016/8/4に臨時調査研究委員会を開催し、第二回ISACA東京支部研究委員会セミナーの振り返りを実施しました
07/2016 2016/7/末、公共IT研究会は活動を休止いたしました。ご参加いただきました皆様ありがとうございました
07/2016 2016/7/2に第二回ISACA東京支部調査研究委員会セミナーを秋葉原4F UDX GALLERY NEXT1(UDXギャラリーネクスト1)にて開催しました。
(講演テーマ:「クラウド市場の変化とクラウドのセキュリティについて」「COBIT 5概説」「ガバナンスの力でCSIRTに魂を」)
06/2016 2016/6/22に本年度新体制の調査研究委員会を開催し、年間予定・イベント・運営体制につきまして全体合意を行いました。
06/2015 2015/6/13に第一回ISACA東京支部調査研究委員会セミナー を秋葉原4F UDX GALLERY NEXT1(UDXギャラリーネクスト1)にて開催しました。
(講演テーマ:「クラウド利用チェックシートへのSANS20の適用について」「マイナンバー制度の具体的対応策」)
12/2014 「第3回ISACA東京支部カンファレンス」 において、ISACA Journalを読む会の大坪さんが「ドキュメントの価値について」というテーマで発表を行いました。
09/2014 COBIT研究会中心で実施いたしました「COBITの理解・認知度に関するアンケート調査結果報告」を会員限定で掲載しました。
 
■調査研究委員会について
調査研究委員会は、時代に合った研究会の開催および運営支援を主な目的として活動しています。各研究会は、情報システム及び監査における専門領域を研究し、その成果を東京支部会員向けに提供するため、参加会員間のコミュニケーションや相互啓発を促進しています。支部会員の方はどなたでも、研究会に参加いただけますし、複数の研究会に参加することも可能です。皆様の積極的な参加をお待ちしています。(連絡先:tkresearch@isaca.gr.jp タイトルに「XXX研究会」参加希望 という表記で、氏名・支部会員番号を明記してご連絡下さい。)
■調査研究活動について
調査研究委員会の各研究会に参加することによって、活動時間をCPEとして申請することが可能です(委員会では証明書は発行しません。活動時間の証明方法やサインアップシートについては、各研究会の委員とご相談ください)
■お試し参加について
興味のある研究会に「お試し」で参加することが可能です。「どのような活動を行っているか」「どんな雰囲気か」を確認してから、正式に研究会に参加することができます。タイトルに「お試し参加XXX研究会」と記載して、tkresearch@isaca.gr.jp にご連絡ください。
ISACA東京支部 調査研究委員会 委員長 出本圭介
調査研究委員会歴代の委員長・副委員長
 
■研究会一覧
 
1 ISACA Journalを読む会
(担当委員:妻川委員、大坪委員)
ISACA Journal(英文)の記事をネタに、有志で議論する集まりです。記事の翻訳は、希望者が実施 し、大多数のメンバーは意見・異見・私見を述べて、記事の深堀りを行います。ISACA 東京支部の研究委員会 のなかでも長い歴史を誇り、2016 年の総会で表彰されました。専門性は低いですが、ISACA の全 てのカテゴリに関係することが可能です。2017 年も「継続こそ力なり」をモットーに続けていきます。(開催場所:神保町等)
 
2 情報セキュリティ研究会
(担当委員:秋山委員、荒木委員長、三浦委員)
情報セキュリティ、特に最近のサイバーセキュリティのトレンドや政府等公共機関の動きをテーマに有志で発表しディスカッションを行う、情報交換が活動の中心です。最近取り上げたテーマは、マイナンバー・暗号設定ガイドライン・情報漏洩事件・サイバーセキュリティ戦略・IPA10大脅威・CSIRT等です。参加メンバーは、民間企業及び公的機関のセキュリティ担当・ITベンダー・監査法人とバラエティ豊かです。(開催場所:虎ノ門・浜松町・表参道 等)
 
3 COBIT研究会
(担当委員:宮崎委員、柴崎委員、野山委員)
COBITの実務における適用事例・適用案のディスカッションを行ったり、ISACA国際本部のメディアで取り上げられたCOBIT関連文書の内容を議論しています。
今後は、ITガバナンスをより良く理解するためのリベラル・アーツの探求というテーマを掲げ、引き続きCOBITの研究を進めていきます。散会後には、有志で語らう場を設けて親睦を深めています。 業種やCOBITの実務経験の有無に限らず、COBITや他のコーポレート/ITガバナンスのフレームワークに関心のある方のご参加をお待ちしています。(開催場所:水天宮前)
 
4 IFRS研究会
(担当委員:妻川委員、正田副委員長)
IFRS研究会では、主に会計とガバナンスに関する最新情報、意見交換を行っています。最近の活動としては、「会計不正」「収益認識に関する包括的な会計基準」などをテーマとして取り上げています。公認会計士が研究会幹事をしているので、会計やガバナンスを専門的視点から深く掘り下げ、多少難易度は高いですが実務に資する興味深い内容となっています。参加者は、事業会社や監査法人等のメンバー、毎回5名〜10名程度で開催しています。会合の終了後には任意で懇親会も催されています。(開催場所:麹町)
 
5 プロジェクトマネジメント研究会
(担当委員:栗原委員、横山委員)
当研究会のアプローチとして、プロジェクトマネジメントについて、システムの企画・開発・モニタリング、システム監査のスムーズな実施のみならず、人・時間・予算に関する問題を解決する知見として、特に新しい技術の受入れに際して起こる事象にフォーカスして行っています。メンバーの関心事としてセミナー等で得た知識や、ご自身の行っているプロジェクト等を守秘義務の範囲での提示、参加者それぞれの持つ経験によって、リアルな事例研究として新たな認識を得ることができます。組織を超えてディスカッションすることは、物事を俯瞰して見、自身の問題の解決の糸口となる気づきを得ることも、当研究会の強みの一つです。最近のテーマとしては、CSIRT 体制の運用、セキュリティ運用監視、新しいシステム監査基準等を実施しました。参加メンバーはシステム開発に 絡んだ監査人(ユーザ・ベンダー)が主です。(開催場所:麹町)
 
6 ERMとITガバナンス研究会
(担当委員:印藤委員、荒木委員長)
ITガバンスについて、ERMとの関係を踏まえて議論を行っています。ERMは、Enterprise RiskManagement(全社的リスクマネジメント)です。
研究会の進め方は事前にテーマを定めて毎回ディスカッションを行い、成果を取りまとめています。また、成果物はISACA Journalに投稿も行っています。4つの分科会が存在して月次会合以外でも活動の機会があります。参加メンバーは大学関連・コンサル会社・ITベンダーの方々です。(開催場所:市ヶ谷・飯田橋)
 
7 システム監査・保証研究会(新)
(担当委員:印藤委員、長久保委員)
民間上場企業におけるJ-SOXは定着化されたものと思います。府省庁の情報セキュリティ監査(内部監査)について理解することを今年度のテーマとします。府省庁勤務の方は元より、ベンダーとしてシステムを納入される立場の方、及びコンサルティングファームの皆様にも、共に意見を出し合いディスカッションするのは有意義ではと思います。統一基準と組織の情報セキュリティポリシーの準拠性を評価して見ませんか。(開催場所:お問い合わせください)
 
8 内部監査におけるシステム監査研究会
(担当委員:鈴木委員、石川副委員長)
必ずしもシステムの専門家では無くても、監査部門におられてシステム監査を担当している方含めて、皆でディスカッションを行う形態です。自らの考えを他社の方の実例の意見を聞きながら、理解を深める事が出来て、実践的な知識を得られるのが特徴です。メンバーは製造業・ITベンダー・商社・銀行・公的機関など様々です。外部監査やコンサル経験者のメンバーの第三者的意見も入り自由闊達な研究会です。(開催場所:大手町)
 
9 クラウド利用研究会
(担当委員:荒木委員長、印藤委員)
利用が一般的になったクラウドサービスですが、ユーザがクラウドサービスを選定し利用する場合の考慮点を、長く議論してきました。現在、国内外の各種基準やガイドラインを対比し、クラウド利用時のリスク管理の理解を深めています。メンバーは、ITベンダー、システムコンサル、公共・民間の組織内のセキュリティ対策担当等で、様々な角度で論議しています。(開催場所:麹町)
 
10 AI研究会
(担当委員:岡村委員、出本委員長)
AI(人工知能)の技術や法令、動向等について情報と相違点を意識しながら研究進めます。国内外におけるAIに関する研究やガイドラインの検討結果等に対し、メンバーの意見交換によって理解を深めながら、システム監査、サイバーセキュリティ、IoT、ガバナンスなどのテーマへの利活用と結び付けて研究を進める予定です。2017年後半は、全体会とは別に特定テーマの分科会も発足させて、活動することを計画。(開催場所:麹町・半蔵門等)
 
 
■スケジュール
各研究会の定例ミーティングの日程です。(変更もありますので詳細は担当委員にお尋ねください)
No 研究会名 開催日
ISACA Journalを読む会 奇数月第2火曜日、偶数月第2水曜日
情報セキュリティ研究会 毎月第4火曜日
COBIT研究会 毎月第1水曜日
IFRS研究会 毎月第2木曜日
プロジェクトマネジメント研究会 毎月第3水曜日
ERMとITガバナンス研究会 毎月第3木曜日
システム監査・保証研究会 毎月第2月曜日(予定)
内部監査におけるシステム監査研究会 隔月第2月曜日
クラウド利用研究会 毎月第1金曜日
10 AI研究会 毎月第3木曜日
 
 
■連絡先
電子メール: tkresearch@isaca.gr.jp
   タイトルに(例)「7システム監査・保証研究会」参加希望 と言った表記をお願いします。
 
 
 
 

▲このページの上部へ



国際本部
大阪支部
名古屋支部
福岡支部
日本ITガバナンス協会
ISACA東京支部 理事会名簿
ISACA東京支部 規程集・目次
ISACA職業倫理規定
関連団体
リンク集
サイトマップ
お問合せ
個人情報保護方針
このサイトについて
 


©2013 ISACA Tokyo Chapter