ISACA東京支部は、情報システム監査、情報セキュリティ、リスク管理、ITガバナンスの国際的専門団体です。

ISACA東京支部
HOME
ISACAの活動
支部活動
委員会活動
調査研究活動
普及活動
ISACAの資格
CISA
CISM
CGEIT
CRISC

入会案内等

東京支部会員限定

CISA

CISM

CGEIT

CRISC

ITGI-J

COBIT 5

  月例会案内

2019年4月例会ご案内 *ご参加希望の方は、必ず事前にお申込みください。
        

2011年2月例会からは紙資料配付を見送らせていただくことになりました。
下記、3月例会資料 よりダウンロードして当日お持ちいただきますようお願い致します。何卒ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

  重要なお知らせ:
月例会の運用について(ご一読願います。)
English
※受講票は2部印刷し、1部を受付に必ずご提出下さい。残りの一部は、CPEのエビデンスとしてお手元で保管して下さい。
※受講票を印刷できないコンピューティング環境による申し込みは推奨いたしません。
※お申込みに対し、特に事務局からはご連絡を差し上げません。 お申込み後は、当日、直接会場へお越しください。当日はお早めにお越しください。
※ISACA本部からのCPE申告に対する月例会出席証明はISACA東京支部では行っておりません。受講票の写しをISACA本部へ送付できる様各自で保管をお願いします。
日時 2019年4月23日(火) 18:30-20:10 (受付開始 18:00)
テーマ 世界標準となりつつあるGDPRへの対応について
講師 東京弁護士会
牧野 二郎 様
講師略歴 東京弁護士会所属。企業法務、個人情報保護、情報セキュリテイの研究多数。
講演内容概略 我が国は、一応の十分性認定を受けつつも、法制度にいくつも問題があり、 法改正が前提となり、その対応が検討されている状況にあります。  そうした中、GDPRはインド、ブラジルなどでも取り入れられ、それを前提にして、 EUとの貿易交渉が進められているという現実があります。 米国の巨大企業GAFAに対して、EUは極めて厳しい対応をしています。 Googleへの制裁金決定は序幕のようです。GDPRは、単に自国のプライバシーを守る という枠組みを超えて、世界標準の人権保護を前提とした対応な立場を示す指標、 先進国としての前提条件ともなっています。  そのような中で、我が国はどのような対応をすべきなのか、 我が国の企業はどのように進むべきなのかを考えます。
*資料 4月例会資料
事前公開用資料となります。当日公開資料とは一部異なる場合がございます。
必要に応じてダウンロードしてください。
月例会終了後は、会員限定ページへ移動します。
場所 (財)日本教育会館 一ツ橋ホール
〒105-0011 東京都千代田区一ツ橋2-6-2 TEL 03-3230-2831
交通
最寄駅
● 地下鉄都営新宿線/東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分
● 地下鉄都営三田線神保町駅(A8出口)下車徒歩5分
● 地下鉄都営東西線竹橋駅(北の丸公園側出口)下車徒歩5分
● 地下鉄都営東西線九段下駅(6番出口)下車徒歩7分
● JR総武線水道橋駅(西口出口)下車徒歩15分
  詳細は地図参照 http://www.jec.or.jp/koutuu/
参加費
ISACA会員 無料
JASA/CAIS保持者 ¥1,000
JASA/QISEIA保持者 ¥1,000
SAAJ会員 ¥1,000
JNSA会員 ¥1,000
非会員 ¥3,000
お申し込み要領 お申込み受付は終了いたしました。
  ※月例会の運用について(ご一読願います。)
  ※お申込みに対し、特に事務局からはご連絡を差し上げません。
お申込み後は、当日、直接会場へお越しください。
お申し込み期限 2019年4月22日(月)9:00
(但し、会場収容可能人数に達した場合、事前に締め切ります。)


▲このページの上部へ



国際本部
大阪支部
名古屋支部
福岡支部
日本ITガバナンス協会
ISACA東京支部 理事会名簿
ISACA東京支部 規程集・目次
ISACA職業倫理規定
関連団体
リンク集
サイトマップ
お問合せ
個人情報保護方針
このサイトについて
 


©2013 ISACA Tokyo Chapter