ISACA東京支部は、情報システム監査、情報セキュリティ、リスク管理、ITガバナンスの国際的専門団体です。

ISACA東京支部
HOME
ISACAの活動
支部活動
委員会活動
調査研究活動
普及活動
ISACAの資格
CISA
CISM
CGEIT
CRISC

入会案内等

東京支部会員限定

CISA

CRISC

CISM

CGEIT

ITGI-J

COBIT 5

  CGEIT

■CGEITとは

CGEIT(Certified in the Governance of Enterprise IT)資格は、ITガバナンスの原理や実践に豊富な知識と経験を持つ専門家向けに2008年にISACAによって創設されました。日本語では「公認ITガバナンス専門家」と称します。

ISACAの CGEITは、特定のフレームワークにとらわれない、ITガバナンスに関する個人向けの唯一の資格です。CGEIT資格を持つことで、組織にとって信頼できるアドバイザーの役割を果たすことができます。

■CGEIT資格の権威・特徴は?

CGEITは、多くの企業や行政機関に事業体のITガバナンスに関わる従業員の必須要件として認知されています。

CGEITプログラムは、米国規格協会(ANSI)によってISO/IEC 17024:2003 (要員の認証システムに関する一般要件)の認定を受けています。

■CGEIT資格がフォーカスしているのは?

CGEITは、ITガバナンスに関わるマネージャー、役員、コンサルタント、経営幹部をフォーカスしています。CGEIT保有者は例えば以下のような職責を担っています。
・IT戦略計画の策定や保持の監督
・ITを活用した投資ポートフォリオの管理
・ITガバナンス改善のため、業界で受け入れられている実践や枠組への助言
・ITおよび情報システムの戦略的計画や制御フレームワークの策定
・情報セキュリティの事業体のITガバナンスへの組込み
・エンタープライズアーキテクチャの管理
・リスク戦略、計画、プログラムの策定や保持の監督

推奨対象者:
IT リスク/GRC、IT セキュリティ/サイバーセキュリティ、IT 監査、 IT プライバシーの専門家やコンサルタントで、戦略的なI&Tのガバナンスの分野でキャリアを積み、C-suiteや取締役会から信頼されるアドバイザーになりたいと考えている方

獲得可能な知識、能力:
‒ 組織のニーズとリスク許容度を評価するための包括的なノウハウ、ITイニシアティブに対する上層部の賛同を得るための考え方と自信、ITに対する認識をバリューセンターに転換する能力

■CGEIT試験ドメイン

GEIT試験では、以下のような業務関連領域での専門知識を検証します:

ドメイン1 事業体におけるITのガバナンス:Governance of Enterprise IT(40%)
このドメインは、以下のような、必要なリーダーシップ、組織構造、およびプロセスを備えたITガバナンスフレームワークを定義、確立、維持することを目的としています。
・エンタープライズガバナンスとの整合性を確保する
・グッドプラクティスの実施によるビジネス情報および情報技術環境の管理
・外部要求事項への適合性の確保

ドメイン2 ITリソース:IT Resources(15%)
本ドメインでは、ITリソースを取り上げ、情報、サービス、インフラ、アプリケーション、人材などのITリソースの計画と最適化を行い、組織の目標達成をサポートすることに焦点を当てます。その目的は、IT資産への投資、使用、割り当てを計画・最適化することにより、現在および将来の戦略的目標を実行し、ビジネスの要求に対応するために、ITが十分な能力と実績のあるリソースを確保することです。

ドメイン3 メリットの実現:Benefits Realization(26%)
価値の実現の目的は、ITとビジネスがそれぞれの価値管理責任を果たすこと、特に以下のことを確実にすることです。
・ITを活用したビジネス投資が、約束された利益を達成し、測定可能なビジネス価値を提供すること。
・要求された機能(ソリューションやサービス)が期限内、予算内で提供されること。
・ITサービスやその他のIT資産がビジネス価値に貢献し続けること。

ドメイン4 リスクの最適化:Risk Optimization(19%)
このドメインの目的は、IT関連のビジネスリスクを識別、評価、分析、緩和、管理、監視、伝達するための適切なフレームワークが、企業のガバナンス環境に不可欠なものとして存在し、関連する基準と整合していることを確実にすることです。

■CGEIT試験について

CGEIT試験は、現在、2言語(英語および中国語(簡体字))でのみ実施されています。
・CBT方式で、試験センター (or 自宅)での受験となります。
・多肢選択式で150問の設問を、4時間(240分)以内に回答します。
・試験終了直後、その場で合否判定(暫定)
・受験料:ISACA会員$575 (非会員$760) (返金不可、譲渡不可)

試験センターで受験するには:
・受験地:国内主要都市 (札幌、東京、横浜、川崎、京都、大阪、神戸、広島、福岡)
・試験日 : ほぼ通年
・注意点 : 身分証明書必携 / 遅刻厳禁

■CGEIT-ISACA国際本部ホームページ

◆CGEIT認定制度についての詳細については、ISACA国際本部のホームページをご参照ください。
https://www.isaca.org/credentialing/cgeit

■CGEITに関するお問合せ

CGEITに関するお問い合せは、以下のメールアドレスまでお寄せください。ISACA東京支部は、ボランティア活動として運営されていますので、回答に時間がかかる事もございます。そのあたりに関しましては、ご理解のほどよろしく願いいたします。

東京支部CGEIT担当 :tkcgeit@isaca.gr.jp

 
 
 

▲このページの上部へ



国際本部
大阪支部
名古屋支部
福岡支部
日本ITガバナンス協会
ISACA東京支部 理事会名簿
ISACA東京支部 規程集・目次
ISACA職業倫理規定
関連団体
リンク集
サイトマップ
お問合せ
個人情報保護方針
このサイトについて
 


©2013 ISACA Tokyo Chapter